人が亡くなったときは一連の色々な儀式を終えて、最後として其の姿は遺骨になります。 遺骨になるまでの経過としては一般的には、死者への最後の儀式(法事などは除いて)として通夜や本葬儀、告別式が終わり次第、火葬場に回されて遺骨にされます。 ここで自宅近くに檀家寺やお墓をお持ちの方はそのままお墓に埋葬・納骨という事になります。

しかし、お墓を持たない人や檀家寺やお墓が遠方に有って普段から疎遠になっている人たちは、葬式の後の時点では遺骨は未だ自宅に有るので当然ながら埋葬や納骨はされていないのが普通です。 そしてその後に、併せて田舎にある菩提寺において、正式に故人の戒名を付けたり、田舎の本来のご先祖様が眠る墓地に埋葬、納骨するのが普通でした。

ところが、近年の世相というか社会の変化や風潮として、特に田舎等においては人の流出や過疎化にともなって、人々は生活のしやすい都会方面へと移動している傾向があります。、こんな時になかなか先祖伝来のお墓のこと迄はどうしても後回しか、次第に忘れ去ってしまう事もあるようです。 特に、人々の代変わりが行われるに従って、田舎に残された墓地やお墓は無縁仏になりがちですので、気をつけたいものです。