新たに墓地を求めて、お墓を建立されようとする方は、お墓に関するいくつかの基礎知識を習得し、その上で墓地を求められるのがお勧めです。
最近では都市では墓地・霊園を確保するのは難しくなっていますが、それでも昔ながらのお墓を建立したいと思われる方は少なくありません。
墓地を確保するには、既存の墓地で新たに売りに出された区画を購入するか、山麓等に新たに切り開かれた墓地を購入するのが一般的でしょう。墓地購入と記載していますが、正確には永代使用権を購入するものです。
この墓地の区画の永代使用権を購入し、その区画に巻き石を施し、墓石を建立するのです。墓石の購入設置は石材店で行いますが、墓地霊園によっては指定の石材店があるケースもあるので、事前に確認されるのがお勧めです。
こうして物理的にお墓が出来上がれば、性根入れをしてもらい、遺骨を埋骨する事で合掌すべきお墓となります。
多くの墓地・霊園では管理費が必要で、これが何年間か滞ると、お墓に告知の表示板が建てられ、一定期間を過ぎても連絡がない場合には、お墓の遺骨は無縁塚等に移され、墓石等は撤去されてしまいます。
最近は、少子化の影響等でこうした無縁化してしまうケースが多く、新たにお墓を建立される場合には、こうしたリスクがある事を十分に理解しておくことが必要です。