PR| 大阪で海洋散骨のご相談なら | 遺骨を洗うならプロにお任を | 掃除業者は信頼と実績で選ぶ | 大阪市の遺品整理実績豊富な業者 | 大阪の遺品整理業者の口コミ |

最近、「お墓の引越」について、テレビなどのメディアで採り上げられるようになっています。私も父を亡くし松原で家族葬を行いましたが、お墓のことなど大変なことが多く驚かせられました。お墓の引越は、正式には「改装」といいますが、これには多くの手続きが必要なうえ、費用も発生します。では、なぜお墓の引越をするのかというと、「お墓まで距離があるので、維持管理に手間がかかる」というのが最も多い理由です。では、お墓の引越をするには、どのくらいの費用が発生するのかというと、「300万円」が全国平均となっています。その内訳は、52万円(移転元)・218万円(移転先)・30万円(移転費および諸費用)です。

移転先では、新たにお墓を作るので当然お金がかかるのですが、移転元でも、それなりの費用が発生してしまいます。また、お墓の引越にかかる時間は、およそ半年から1年となっています。では、お墓の引越の方法ですが、これには「遺骨だけを移す」「遺骨と墓石を移す」「墓石だけを移す」という三つの方法がありますが、多くの人が「遺骨だけを移す」という方法を選択しています。なぜかというと、移転先の墓地で「スペースがとれない」などの理由により、移せないことが多いからです。ですから、墓石を移したい場合は、移転先を決める時点で、条件をよく確認しておく必要があります。そして、遺骨だけを移す場合も、「全部を移す」「一部だけ移す」など、いくつかの種類に分けられますし、それぞれ役所での手続きの仕方も異なってきます。

お墓の引越というのは私的な作業に見えますが、かなり公的な作業なのです。では、ここでお墓の引越の具体的な流れを見て行きましょう。まず、次のお墓を探し、そこの管理者から「墓地使用許可証」を出してもらいます。工事の契約を行い、前のお墓の自治体から「改装許可申請書」を、前のお墓の管理者から「埋蔵証明書」を出してもらいます。前のお墓の自治体に上記の書類を提出し、「改葬許可証」を出してもらいます。前のお墓から遺骨を出し、次のお墓が出来上がったら、そちらへ納骨して完了となります。

 

PR|会社経営に必要な知恵袋|英会話ノウハウ勉強会|美容と健康女性ランキング|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|AGAお悩み相談.com|女性のための薄毛治療研究会|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|